​現代持ち家率64% 戦前は20%未満?

夢のマイホーム。家を所有することを目指すことが当たり前の世の中が続いています。


マイホームを実現するご家族は60%を越えそうです。


私から、知っていただきたい情報は、戦前まで日本の市街地での持ち家率は20%程度だったということです。


しかも昔の家は100年以上長持ちすることは当たり前で、今の住宅は50年以上済み続けることはとても困難なんです。


何か変な気がしますよね?
多くのご家族がマイホームを希望する。しかもその住宅は長持ちしない。だから沢山の住宅の建築が必要になる。


もしかして誰かのメリットのために作り上げられた仕組だったりして・・・?